「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 27日
馴染む
e0028952_21185611.jpg
セイタカアワダチソウ

日本にやってきたばかりの頃は、その黄色がきれいで、活けたりしてたらしい。
子どもの頃から、たくましく育った草丈の先の黄色い花が、
秋の盛りを彩る風景に馴染んでいた。

やがてその種子が喘息の原因物質とされ、
根からは、他の植物の生育を抑制する物質が分泌され、
空き地で一人勝ちを収める嫌われ者になってしまった。

この草がやってくる前の日本の秋は、あたり一面薄茶色のススキ一色だったのだろうか。

PENTAX *istDS + PENTAX FA35mm/F2
[PR]

by depail | 2008-10-27 21:19 | PENTAX FA35/2
2008年 10月 14日
アキアカネ
e0028952_0285164.jpg

近くの森を散歩中、優しい顔をしたアキアカネに出会った。
こちらに気づくと、軽く会釈してくれた。
e0028952_029254.jpg


e0028952_0333357.jpg

複眼の一つ一つがわかるくらい近づいても、逃げずにじっとしていてくれた。

最近、出かけるときは、レンズ1本だけのことが多い。
出かける前に、何を撮るか考えるようにしているから。
今日は、マクロ撮影をメインに考えていたが、
もしかしたらもっと広範囲を撮るかもしれないので、
両方に対応できるPENTAX-A 50/2 MACROを選んでいた。
[PR]

by depail | 2008-10-14 00:30 | PENTAX-A50/2.8 MACRO
2008年 10月 13日
あのー、ごはんまだでしょうか?
e0028952_17972.jpg

嫁さんの実家の猫です。
家の中には、あがらせてもらえないことになってます。
ごはんのときだけ、帰ってきて、えさをねだります。

(Leica M3+Summicron 50/2 Kodak T-MAX400 NEW)

レンズ研磨から戻ってきて、初めての撮影。
レンズはとてもきれいになっている。

KodakのT-MAX400に2種類あることに気がついた。
NEWになってから、T-MAXデベロッパー(現像液)使用時の標準現像時間が、6分→5分30秒に短縮されていた。
T-MAXデベロッパーの帯に書いてある現像時間をそのまま信じていたのが間違いだった。
なんだかいつも露出オーバーなので、もしかしたらライカM3のシャッター速度が遅くなってるのかと思っていた。
単に、増感現像になってただけだったようだ。
今回は、ちゃんと5分30秒を守って現像したら、ばっちりの露出だった。
粒状感も少なくて、ぬめっとした感じも、イメージどおり。
[PR]

by depail | 2008-10-13 01:13 | Summicron 50/2
2008年 10月 04日
昭和回顧~国鉄色気動車
e0028952_08487.jpg

これも今年の夏に偶然出会った昭和の色。
国鉄型・国鉄急行色のキハ58。
急行ではなく、臨時の快速「おいでませ山口号」です。
ヘッドマークのJNLが泣かせてくれます。

青春18切符を持ってたので、どれだけこちらに乗り換えたかったか・・・。
一人旅なら、間違いなく美祢線に行ってました。

撮影機材は、これもLeica M3に曇玉Summicron 50mm。
明るかったので、かなり絞り込んでますが、やっぱり曇ってる。
ネガフィルムのラチチュードの広さに助けられて、露出もなんとか救えてます。
[PR]

by depail | 2008-10-04 00:13 | Summicron 50/2
2008年 10月 03日
昭和回顧
e0028952_3442572.jpg

今年の夏に帰省したときに、新山口(小郡)で撮影した電気機関車EF66。
小学生の頃、北九州に住んでいた自分にとって、電気機関車は朱色と決まっていた。
下関駅を訪れると見ることのできる、青い電気機関車は、海峡の向こう側の色だった。

傷だらけで曇ったレンズ Summicron 50mm/F2.0をLeica M3に付けて撮影した写真。
しかも使用期限を1年半過ぎた古いKodak GOLD 100を使っている。
とても最近撮ったとは思えない、昭和の匂いのする写真になった。
[PR]

by depail | 2008-10-03 00:30 | Summicron 50/2