<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 28日
お供
kiji:「みんなぁ、今夜はmomo様のおごりだ。好きなとこ連れて行ってくれるそうだよ!」
saru:「こっちの店なんかよさそうですよ」
momo:「おい、あの店、高いんじゃないか?」
inu:(そっちより、あっちにいきたいのになあ・・・)
e0028952_2230252.jpg

♪行きましょう 行きましょう あなたについてどこまでも 家来になって行きましょう
(おごってくれるんだったらね)


【2006.10.01追記】
c59164さんのブログ 18きっぷの旅☆総集編の記事岡山駅前にトラックバック
[PR]

by depail | 2006-09-28 22:42 | PENTAX FA43/1.9Ltd
2006年 09月 24日
風〜西洋アンティーク
とても素敵な陶器の人形をみつけました。
e0028952_1253941.jpgモデルさんは、「リアドロ」という会社のスペインの陶器人形です。

しかし陶器なのに、風が吹いた瞬間を、うまくとらえてますね。
うすい青がまたきれいなんですよ。

このところ体調を崩し気味で、
週末はずっと嫁さんの実家でじっとしてたのですが、
リビングでいい人形に出会うことができました。

背景は、うちの庭をぼかして撮ったものを加えてます。
(つまり合成写真)
マスク処理とか輪郭のぼかしなど、結構ちまちまとした作業になりました。

第1回 『同じテーマ発表会』  『風』。参加作品。


More(レタッチの方法はこちら)
[PR]

by depail | 2006-09-24 23:09 | PENTAX FA43/1.9Ltd
2006年 09月 23日
家にかえる
家路を急ぐ人たち(かな?)
e0028952_23533248.jpg

改札口の横のスタバの影から、スロー撮影。
テーブルにカメラを置いて、F22まで絞り込んで、スローシャッター0.6sec。
ここまでスローだと、足だけ写ってたりする。

こんなとこで写真撮ってないで、さっさと帰れよ>自分

追記:【匠のデジタル工房・玄人専科】中級編:EMA、動体撮影に挑戦にトラックバック
[PR]

by depail | 2006-09-23 00:00 | PENTAX FA35/2
2006年 09月 20日
ひっくりかえる
ベタですみません。。。
e0028952_2243785.jpg

こんな気色悪いカエル、よく捕まえるよなあ。
ミッキーマウスも引いてますよ。
[PR]

by depail | 2006-09-20 22:07
2006年 09月 17日
山寺
そろそろ秋。
近くの山の頂上付近にある、天文台に行く途中、山寺をみつけた。
e0028952_23594080.jpg

山門の奥に、色づいた紅葉を発見。
そっと近付いて、シャッターを切る。e0028952_011484.jpge0028952_012795.jpg

門の脇で、まだまだ強い日差しをあびていらっしゃるお地蔵様に、お礼を言って山門を出た。

こういう場所での撮影は、なんとなくPENTAX LXが合うような気がする。
レンズはFA35mm/F2。
石のお地蔵さんを撮るのなら、smc TAKUMAR 28mm/F3.5が雰囲気いいんだけどなあ。

銀塩で撮った後、スキャナーでデジタル化する時のベストセッティングがなかなか見つからない。
まだまだ未熟者だなあ。

(じつは、8月初旬に撮ったのだが、秋っぽいので、1ヶ月遅れで掲載)
[PR]

by depail | 2006-09-17 22:00 | PENTAX LX
2006年 09月 14日
50mmレンズ対決~PENTAX M50/1.4 vs FA50/1.4
先日入手したPENTAX FA 50mm/F1.4。PENTAX50mmレンズで、最高の出来といわれている。
そこで、手持ちのPENTAX M50mm/F1.4(バルサム切れあり)と開放での描写を比較してみた。
共に、Mモード(1/800、F1.4、焦点距離45cm、ISO200)
白トビしないよう敢えて、露出不足になってます。(暗い写真ですみません)

↓M50/1.4
e0028952_22292247.jpg

↓FA50/1.4
e0028952_22293479.jpg

なんだか少し黄色っぽくなってしまったのは、ホワイトバランスをオートにしてたからか、
それともバルサム切れやコーティングの経年劣化のせい?

開放での描写を細かく見るために、上の写真の合焦している部分を等倍で切り出してみた。
↓M50/1.4
e0028952_22331090.jpg

↓FA50/1.4
e0028952_22332753.jpg

なんだか、M50/1.4の方が若干シャープなような気がする。
こんなもんなのか?FA50/1.4
[PR]

by depail | 2006-09-14 22:37 | PENTAX-M50/1.4
2006年 09月 09日
動物園~シンメトリー日の丸
8月に動物園に行った時、動物のシンメトリー(左右対称)な部分を探しながら撮影してみた。
顔はたいてい左右対称だから、いろんな動物を正面から狙った。
まずは、ペンギン。
e0028952_1182381.jpg
ペンギンって、そうとう目つきが悪い。凶悪である。
よくみると鳥はなんだかみんな怖そうな目をしている。

次は、サイ。
e0028952_1202332.jpg
ここまでぐぐぐっと寄るとなかなか味のあるいい顔してるんだよなあ、サイ。
図体は大きいし、角は生えてるし、こわそうなイメージがあるが、
意外と目がかわいかったりする。草食動物ってみんなつぶらな瞳かも。

最後は、ペスター。
e0028952_1232260.jpg
ではなくて、フタコブラクダ。
真正面だけでなくて、真横からでもシンメトリーになる部分があるんだなあ。
(ワンパターンにならずに済んでよかった)
これ、閉園直前でかなり焦ってたのだが、最後にいいものを見つけることができた。

註:ペスターってのは、ウルトラマンに出て来たヒトデみたいな形の、石油がぶ飲みする怪獣。
[PR]

by depail | 2006-09-09 01:27 | *istDS
2006年 09月 05日
舞台撮影~準備
せっかくスタッフとして、舞台撮影のチャンスをいただいたのだから、
スタッフにしか撮れない準備段階の写真も撮ってみた。
e0028952_22555060.jpg
入念に、柔軟体操を行って、準備を整える真剣な姿。
舞台のすぐそばから、PENTAX FA77mm/F1.8 Limitedで、全身を収める。
(とても美しい姿だったので、美女専用レンズで撮影)

e0028952_2256358.jpg
舞台の反対側では、入念に立ち位置のチェックを行っていた。

e0028952_2256238.jpg
それから、この手の込んだパンフレットの山。
「動物勇者伝」というタイトルにぴったりの巻物っぽい仕上げ。
舞台に上がらないスタッフたちも、少しでも多くの観客に楽しんでもらおうと、
真剣に取り組んでいる。

この劇団は、アマチュアだけど(なのに)、演劇に取り組む姿勢が真剣そのもの。
リハーサルでも、ピリピリとした空気が伝わってきた。
[PR]

by depail | 2006-09-05 23:07 | *istDS
2006年 09月 03日
舞台撮影~適正露出
演劇を撮影する際に、難しいのは、シャッター速度からくるブレだけではない。
めまぐるしく変化する照明、色とりどりの役者の衣装。
デジタル一眼レフは、ラティチュードが狭く、特に白飛び(明るい部分の階調がなくなって白一色)になりやすい。
e0028952_231213100.jpg

この写真では、全体が暗い中、真っ白な上に光沢のある衣装に、横からの強烈なスポットライトが当たっている。
露出補正を-1.0にしてあるが、それでも白飛びを完全に抑えることはできなかった。
逆に、光が当たっていない顔の暗い側は、完全に潰れてしまわず、かすかに階調が残って、
役者の表情をなんとか捕らえることができた。

デジタル一眼レフでは、あとでガンマ補正などで、明るい部分が飛ばないよう、
暗い部分の階調が残るようにしながら、自分のイメージどおりにレタッチすることを前提に
撮影しておくという手法を撮ることができる。
(撮影直後に納品・配布となると、このテクニックは使えなず一発勝負になるが・・・)
[PR]

by depail | 2006-09-03 23:23 | PENTAX-F100-300/4.5-