「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 30日
昭和の技術
昭和の時代 もしかしたら、今はもう再現できない技術がそこにあったのかもしれない。
e0028952_23495384.jpg


ヤシカのAUTO YASHINON-DX 1:1.7 f=50mm (M42マウント)を入手した。
雨の夜なので、室内にあるものを探す。
昭和の技術力を象徴するものとして、零式艦上戦闘機(坂井三郎搭乗機)の模型を撮影。
1/144の食玩シリーズなので、全長65mm足らず。

AUTO YASHINON-DX 50mm/F1.7は、最短撮影距離が50cmとあまり寄ることができない。
PENTAX接写リングK1号(一番うすいヤツ)を装着し、接写した。
恐るべき描写と美しいボケ。

こんな凄いレンズを作ってたんだなあ。
この休みに、なにか撮りに出てみよう。

こちらは、参考までに、PENTAX-M 50/1.7で撮ったもの。
e0028952_4382150.jpg

どちらも絞りf8、接写リングK1号付き、焦点距離50cm。
やはりPENTAX-Mの方が、ちょっとボケが汚いかなあ。(尾翼辺り)

AUTO YASHINON-DX50/1.7 登場機会増えそうだな。
[PR]

by depail | 2006-06-30 23:57 | YASHINON-DX 50/1.7
2006年 06月 25日
サティのオブジェ
雨の日曜日、買い物の途中の昼食の時、偶然立ち寄った店のオブジェ。
e0028952_1923781.jpg

なかなか雰囲気のいいディスプレイだったので、まず全体を一枚。
(PENTAX-A28mm/2.8)

絵を描いてるおじさんがなかなか楽しそうだったので、
PENTAX-F135mm/2.8に換装して、アップを一枚。
ちょっと贅沢な感じの昼食・・・。
e0028952_195550.jpg


だけど、ここSATYっていうショッピングセンターの中の軽食喫茶なんだよねー。
安いのに、割とがんばってる。
[PR]

by depail | 2006-06-25 19:07 | PENTAX-F135/2.8
2006年 06月 25日
南無
鯛を買ってきて、塩焼きにした。
e0028952_142988.jpg


焼き加減を失敗して、あまりおいしそうじゃなくなってしまった。
ということで、おいしくなさそうに写真を撮ってみた。

鯛、ごめんな。
[PR]

by depail | 2006-06-25 01:43 | PENTAX-A28/2.8
2006年 06月 17日
梅雨入り?
庭の紫陽花が咲き始めました。
e0028952_2261440.jpg
e0028952_2263810.jpg
e0028952_2265621.jpg
e0028952_2271413.jpg

夜7時過ぎて撮ったので、タムロンSP90mm/F2.5でも、
三脚+レリーズスイッチを使用し、シャッター速度0.3~1秒程度で撮影。
風が少し吹いても被写体ブレします。

日没後の薄暗い光は、落ち着いた感じに写ります。
[PR]

by depail | 2006-06-17 22:07 | TAMRON SP90/2.5
2006年 06月 10日
もうすぐ梅雨
入梅前の最後の晴れ間。
庭の紫陽花の様子を見てみた。
e0028952_197980.jpg
e0028952_1972168.jpg

まだ、つぼみです。
来週くらいには、花が咲くでしょう。

あんまり、紫陽花のつぼみの写真は撮らないか・・・。

すずらんを食い荒らしてる黒いイモムシ。
梅雨に入る前に、こいつらも一生懸命なんだろうなあ。
e0028952_19113242.jpg


追記
hide_soyokaze さんのブログ― 四季の風 ―
アジサイたち(過去画像D100)にトラックバック
[PR]

by depail | 2006-06-10 19:09 | TAMRON SP90/2.5
2006年 06月 06日
あ・・・。
庭で見つけたカマキリの子ども
e0028952_23524773.jpg

脱皮したばかりのようで、じっとしてました。

PENATX-A28mm/F2.8は、最短撮影距離が0.3m。
COSINAの28mmより少し長いです。
0.3mまで近付いて撮影して、周辺部はバッサリとトリミング。
それでも、ブログに載せるには、等倍でちょうどいい大きさになりますが、
ちょとピントきてないですね。残念。
[PR]

by depail | 2006-06-06 23:57 | PENTAX-A28/2.8
2006年 06月 04日
黄昏
夕方、ちょっと海の方まで、出かけた時に、切り取った一枚。
e0028952_214412.jpg

夫婦と思しき男女が、小舟で漁をしていた。

PENTAX *istDS+PENTAX-A 1:2.8/28mmで撮影。
イメージどおりのいい色が出ますね。
これ、使える・・・。
PENTAX-Aレンズは、Avモードが使えるので、とても楽です。
常用レンズになりそう。
(COSINAの28mmの出番がなくなりそうだなあ)

2006.06.06追記
ちょっとレタッチしてみました。
e0028952_0271651.jpg

舟を明るく、海をもっとオレンジ色に。
明日、元気になーれ。

2006.06.09追記
P_chan(匠)さんのブログへトラックバック。
上級編:写真バトン(2)
瀬戸内の夕日はこの記事ですよ。>P_chan(匠)さん
[PR]

by depail | 2006-06-04 21:06 | PENTAX-A28/2.8
2006年 06月 03日
はじめての塾帰り
おにいちゃんの行ってるそろばん塾に、今日から三男も通い始めました。
e0028952_1927223.jpg

おにいちゃんと二人、夕暮れの帰り道での一コマ。

いまのところ、数字を書く練習みたいだけど、
楽しくスタートを切ることができたようです。

お父さんをいつか追い越してくれるといいな。
[PR]

by depail | 2006-06-03 19:24 | PENTAX FA43/1.9Ltd
2006年 06月 01日
初めてのPENTAX-Aレンズ
PENTAX-A 28mm/F2.8を入手し、LXに着けてみた。
e0028952_3115496.jpg

TAKUMARやPENTAX-M、FAレンズはいくつか所有しているが、
なぜかPENTAX-Aシリーズのレンズには、これまで縁が無かった。
COSINA28mm/F2.8があまりシャープな描写でないし、
smcTAKUMAR28mm/F3.5はちょっと暗い。
ということで、PENTAX-A 28mm/F2.8を手に入れることにした。

*istDSで撮ってみると、やや青みが強い感じだが、COSINAよりはシャープに写る。
最短撮影距離が30cmとCOSINAよりも長いが、いまのところそれほど問題にはならない。

LXに、黒いレンズが似合う。
外装がプラスチックな感じで、感触はややチープかな。
やはりこの点では、TAKUMARの金属鏡胴の方が高級感がある。

さて、このLXをついにオーバーホールに出すことにした。
銀塩が縮小していく中、いつまで整備業務を継続するか、不安になってきたからである。
中古未整備のLXが、オーバーホールされて、感触性能がどれだけ本来のものになるのか、
また、本来のLXの感触性能はどんなものなのか、とても楽しみである。
[PR]

by depail | 2006-06-01 03:16 | PENTAX LX