「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ZENITAR-K2.8/16( 4 )

2009年 10月 20日
オリオン座流星群~空振り
東の空に、オリオン座が上ってきた。
e0028952_3301342.jpg


今年のオリオン座流星群は、ピーク時、一時間当たり50個程度見られて、月も新月という絶好の観測条件。
*istDSにZENITAR-K2.8/16対角魚眼を装着して、撮影に挑んだ。

結果は、惨敗。
目視では、90分で6~7個、見ることができた。
ひとつは、痕が残るほどの明るさで、オリオンの頭をかすめていった。
(電池切れで写ってない・・・とほほ)

途中、雲が出てきて、撮影終了しました。

3000年前にハレー彗星が撒き散らしたチリが、落ちてくるのがオリオン座流星群。
長い時間のように感じるが、宇宙の規模では、ほんの一瞬のできごとなんだろうなあ。

e0028952_331141.jpg

何もないと寂しいので、プレアデス星団、ヒアデス星団、オリオン座の揃い踏み写真を載せました。

PENTAX *istDS
MC ZENITAR-K2.8/16mm



検索タグ:デジタル ロシアレンズ 対角魚眼 ゼニター 夜 星 東広島市 八本松 星座 天体 自宅

[PR]

by depail | 2009-10-20 03:32 | ZENITAR-K2.8/16
2008年 01月 17日
冬の星座めぐり
子どもの宿題「冬の星座観察」に付き合って、星野写真を撮った。
e0028952_1192210.jpg

オリオン、ヒアデス、プレアデス、今冬は再接近の火星も入って、冬の夜空は、とてもにぎやか。

外気温0℃。
例年に比べて、暖かなのだが、それでもやっぱり、寒い。

久しぶりに、ZENITAR-K2.8/16mm対角魚眼を持ち出したのだが、
なんだか盛大にコマ収差が出ている。
(彗星ではないのにコマとは・・・)

ま、星が大きく見えるから、それはそれでヨシとしよう。(←いい加減だな)
(写真をクリックすると、1504x1000ピクセルの大画像になります。)
[PR]

by depail | 2008-01-17 01:23 | ZENITAR-K2.8/16
2007年 02月 23日
勇者と犬
e0028952_027252.jpg

薄明の残る南の空に、オリオン座とおおいぬ座が登っていた。
天頂(写真右上角)には、「すばる」ことプレアデス星団が見える。
オリオンのすぐ右上の倒れたV字型は、ヒアデス星団。おうし座の角だ。
オリオンが夕空から消える頃、もうすぐ春がやってくる。

More
[PR]

by depail | 2007-02-23 00:31 | ZENITAR-K2.8/16
2006年 12月 17日
冬が来た
鉛色の雲が空を覆い始めた。
e0028952_16443664.jpg
(MC ZENITAR-K16/2.8+*istDS)

気温がぐんぐん下がっていく。
この冬、初めての雪が舞った。
寒いの苦手だなあ。
来年の3月まで、こんな日が続くのか・・・。

先週のふたご座流星群をこのレンズで狙ってたが、
残念ながら、全天を覆う雲に阻まれて撮影できず。
冬の星空は、空気が澄んでて、結構きれいなんだが・・。


夜になって、本格的に雪が降り始めた。
e0028952_042491.jpg
(PENTAX FA50/1.4+*istDS)

地面に落ちるとすぐに融けてしまう。
まだまだ、冬は始まったばかり・・・。
[PR]

by depail | 2006-12-17 16:55 | ZENITAR-K2.8/16