「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:*istDS( 17 )

2009年 09月 29日
曇りのち晴れ
e0028952_003843.jpg

そんなに悪い日ばかりは続かないんじゃないかな
明日は晴れるかもしれない
きっと楽しいことが待ってる

PENTAX *istDS
PENTAX FA43mm F1.9 Limited




検索タグ:デジタル 夕方 夕焼け 雲 空 東広島市 八本松

[PR]

by depail | 2009-09-29 00:00 | *istDS
2009年 08月 02日
ペンタックスカメラ博物館へ
2009年7月31日で閉館となったPENTAXカメラ博物館。
最終日に行って来ました。
広島を高速夜行バスで出発して、翌朝東京駅着。
秋葉原からつくばエクスプレス、関東鉄道、真岡鉄道を乗り継いで、益子へ。
e0028952_173356.jpg
(真岡鉄道の中心駅、真岡駅にて)

e0028952_1742774.jpg
(益子駅。単線でホームがひとつのみ)

益子駅から、2km徒歩30分。
e0028952_17448100.jpg

電柱の看板を頼りに、HOYA株式会社ペンタックス益子事業所内にある
「ペンタックス カメラ博物館」へ到着。ここまで14時間(秋葉原から3時間)の行程だった。
e0028952_175627.jpg


閑静な森の中にある工場の入り口そばの建物の3階の一室に、カメラ博物館があった。
e0028952_1751650.jpg
e0028952_1752497.jpg


つづく・・・



検索タグ:デジタル 鉄道 真岡 ディーゼル 列車 工場 栃木 博物館 ミュージアム 益子 駅 線路 旅行 紀行

[PR]

by depail | 2009-08-02 17:07 | *istDS
2009年 07月 28日
ゴム動力飛行機Ⅱ
e0028952_1532687.jpg

ゴム動力飛行機についはまってしまい、
ユニオンモデルの在庫処分品を購入した。

主翼には、翼断面形状のアルミ製のリブまで入っていて、
子どもの頃に作った「てんとうむし号」より高級品だ。
1時間くらいで製作して、雨上がりの公園で試験飛行。
思ったより急角度で上昇し、右に旋回しながら滑空して降りてきた。

なかなかおもしろいな、これ。
(完全に、親のほうがのめりこんでる。。。)
[PR]

by depail | 2009-07-28 01:53 | *istDS
2008年 09月 11日
Coke!
e0028952_17870.jpg



コーラせてしまった・・・。
e0028952_0573044.jpg


急いで冷やそうと思って、
冷凍室に入れて、そのまま忘れてしまったら、こんな姿に。
[PR]

by depail | 2008-09-11 00:58 | *istDS
2007年 08月 11日
みつかるかな?夏の星座
あれがカシオペア
e0028952_331927.jpg


こちらが白鳥座
e0028952_334391.jpg


南西には、さそり座
e0028952_344750.jpg


さそりの頭の上に、ちょうど木星が輝いている。
500mmの反射望遠で撮影すると、4つのガリレオ衛星が写っていた。
e0028952_3102121.jpg


夏の夜空を堪能していると、
気が付けば、東にオリオン座
e0028952_352634.jpg

流れ星も写ってる。

ああ、もう朝だ。
[PR]

by depail | 2007-08-11 03:12 | *istDS
2007年 06月 11日
門司港レトロと現在
門司港レトロという観光地に架かる橋。
e0028952_29357.jpg

跳ね橋でもあり、門司港観光の見所のひとつ。
観光客が途切れることなく渡っていく。

門司港レトロ地区から、少し東に行ったところにある繋留地。
e0028952_2121476.jpg

遠くに見える巨大な倉庫やクレーン船、関門海峡の激流のそばにあるとは思えないほど、穏やかな水面。
自分の記憶の中の門司港は、こちらの写真のイメージ。

門司港レトロができたあと、地元の人の生活は、何か変わったのだろうか・・・。
[PR]

by depail | 2007-06-11 02:17 | *istDS
2007年 06月 09日
門司港駅
レトロな駅、訪れる価値のある駅1位の ”門司港駅”
e0028952_032441.jpg

背後に山を抱えて、堂々たる姿の駅舎。
この角度からみる門司港駅がとても好きだ。
小さい頃、夜行列車に始発から乗るために、わざわざ門司港まで行っていた。
九州へ向かって門戸を開いている、そんなイメージがあるからだろうか。

外観は、20年前と変わらず、ペンキがところどころ剥がれている。
e0028952_0341917.jpg

海が近いせいだろうか。でもこれがまたいい味を出してる。

大きく前へせり出した庇(ひさし)。
e0028952_043347.jpg

梁の構造をよく見ると、内側と外側で、造りが異なっている。
外側(右側)では、梁の内側がくりぬかれた鉄板で、
内側(左側)では、鉄骨そのものである。
鉄板をくりぬいた構造は、軍艦の内部構造やD51という蒸気機関車のボックス動輪のデザインに通じるものがあるので、昭和に入ってからのもののように思える。
鉄骨部分は大正時代のものだろうか?

駅の中に入ると、「所合待」と筆で書かれた部屋があった。
e0028952_0354212.jpg

以前から待合室は、あったが、看板は毛筆ではなかったような・・。
昔は、木製の長いすだったような記憶がある。
レトロを狙って、却って新しさが出てしまっているような気がする。残念。

駅の改札口の向かい側にあるかつての精算窓口(だったと思う)。
e0028952_0391727.jpg

ペンキがはがれて、これまた時間に熟成された感じがする。
今は、閉ざされていて、まったく使われてないようだ。

これは、トイレのドアではない。駅員の出入り口のようだが、ここも使われてないようだ。
e0028952_0414879.jpg


ここ門司港駅は、関門連絡船により、本州へつながる九州の玄関口だった。
e0028952_0492367.jpg

九州への旅は、ここから始まり、ここで終わっていた。
かつて、ここは目的地ではなく、通過点であった。
今は、レトロ観光の目的地となっている。

駅の姿は変わらないけれど、時は確実に流れていた。


wanwanmaruさんのブログ「北九州Shangri-La」の記事門司港駅が・・にトラックバック
[PR]

by depail | 2007-06-09 00:50 | *istDS
2007年 06月 05日
関門橋近辺
久しぶりに関門橋周辺を訪れてみた。

まずは、下関側の壇ノ浦S.A.で休憩がてら、一枚。
e0028952_23501735.jpg

車を降りると、立ってられないくらいの強風にびっくり。

関門橋を渡って、門司港側の橋脚下で、通り過ぎる船を待つ。
e0028952_2351239.jpg

PILOTと書いてある、水先案内のボートが、いかにも海の難所、関門海峡らしい。

このあたりは、潮流も速く、撮影した時は、東流れ8ノット。
e0028952_23525999.jpg

まるで大河のような激しい流れ。

やはり関門橋は、30年以上経っても、相変わらず威風堂々と、長大だった。
e0028952_23545619.jpg


More
[PR]

by depail | 2007-06-05 23:59 | *istDS
2007年 03月 27日
アクセス解析
このところ、毎日約110名の方がアクセスされています。
記事を載せないと、2,3日遅れで、アクセス数に影響が出ます。
リンク元をみると、googleやYahooが多いようで、
検索キーワードは、F31fdが上位を占めています。
このところ35mmのレンズばかりだったためか、
FlektogonやFA35も多めです。

作例を見たくて来られてる方が多いようですが、
F31fdやBessaflexの作例がほとんどなくて、
がっかりして帰っている人が多いかもしれません。

順位 検索ワード(アクセス数)
1位 F31fd (28)
2位 FA35 (16)
3位 f31fd (14)
4位 Bessaflex TM (13)
5位 FinePix F31fd (11)
6位 フレクトゴン (9)
7位 EOS40D (8)
8位 bessaflex (8)
9位 Jupiter 9 85/2.0 (7)
10位 FLEKTOGON (6)
[PR]

by depail | 2007-03-27 00:20 | *istDS
2007年 03月 17日
土星
10cm反射望遠鏡に*istDSを付けて、土星を撮ってみた。
e0028952_2327993.jpg

直接ケルナー型接眼レンズで見た方がきれいだった。
人間の脳の画像補正能力って、高いんだなあ。
[PR]

by depail | 2007-03-17 23:28 | *istDS