「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:PENTAX FA35/2( 22 )

2010年 01月 03日
投函
e0028952_1544961.jpg

もう何年も会ってない古い友だちから、
年に一度の便りがやってきた。

また一年、お互い元気でがんばろうな。


PENTAX *istDS
PENTAX FA35mm/F2.0

検索タグ:デジタル 東広島市 広島大学 広大 ポスト 夜

More
[PR]

by depail | 2010-01-03 01:55 | PENTAX FA35/2
2009年 12月 27日
夜行バス
e0028952_301532.jpg

遠いところへ 眠っている間に 連れて行ってくれる夜行バス

e0028952_302967.jpg

温かいシートが あなたを待っています さあどうぞ

PENTAX *istDS
PENTAX FA35mm/F2.0

検索タグ:デジタル 東広島市 広島大学 広大 バス 夜行バス 夜 霧
[PR]

by depail | 2009-12-27 08:55 | PENTAX FA35/2
2009年 12月 25日
忙しすぎるあなたへ
e0028952_34684.jpg

もうすこし ゆっくり できますように


PENTAX *istDS
PENTAX FA35mm/F2.0

検索タグ:デジタル 東広島市 広島大学 橋 標識 道路 霧 夜
[PR]

by depail | 2009-12-25 03:04 | PENTAX FA35/2
2009年 07月 07日
Ricoh "35" DeLuxe
e0028952_233538.jpg

旧いレンズシャッター機を買った。
シャッターの戻りは渋ってるし、
巻上げもスムーズではなく、外観もくたびれていた。

そんな使いものになりそうにないカメラだけど、
唯一といっていい魅力が「トリガーワインダー」。
e0028952_234720.jpg

このカメラには、フィルム巻上げは、トリガーワインダーでしかできない。
レンズ下のトリガーレバーの爪を起こして、左手の中指で弧を描くように巻き上げる。
ピントリングも、無限遠から最短の1mまで、左の親指で60度くらい回すだけ。
左手をカメラ下部に固定したまま、操作ができる。
さらに絞りとシャッター速度をいったん決めれば、EV値が固定されたまま、
絞りとシャッター速度が連動して変化する。
これは意外と使いやすい。

巻上げ感触とかレリーズをちょっとだけ分解して改善することができた。
でも、アルミの軸受けだけはどうやっても感触が悪い。
アルマイトの弁当箱を開けるときのような感じ。
せめて真鍮だったら・・・。

割り切りが気に入ったので、皮ストラップをあつらえてみた。

「中古カメラウィルス図鑑」に載ってるカメラの真似になりそうだけど、
黒塗りもかっこよさげだなあ。
(すでに、メタルプライマーと黒のウレタン塗料を買ってあったりする・・・)
[PR]

by depail | 2009-07-07 02:27 | PENTAX FA35/2
2009年 03月 04日
寒の戻り
まさかの雪
e0028952_5234932.jpg
e0028952_524192.jpg
e0028952_5241364.jpg

きれいだけど、寒いのは苦手だ・・・。
[PR]

by depail | 2009-03-04 05:23 | PENTAX FA35/2
2008年 10月 27日
馴染む
e0028952_21185611.jpg
セイタカアワダチソウ

日本にやってきたばかりの頃は、その黄色がきれいで、活けたりしてたらしい。
子どもの頃から、たくましく育った草丈の先の黄色い花が、
秋の盛りを彩る風景に馴染んでいた。

やがてその種子が喘息の原因物質とされ、
根からは、他の植物の生育を抑制する物質が分泌され、
空き地で一人勝ちを収める嫌われ者になってしまった。

この草がやってくる前の日本の秋は、あたり一面薄茶色のススキ一色だったのだろうか。

PENTAX *istDS + PENTAX FA35mm/F2
[PR]

by depail | 2008-10-27 21:19 | PENTAX FA35/2
2008年 04月 02日
OFF
e0028952_104056.jpg
そろそろ暖かくなってきたので、バイクの整備をして、
バッテリーの充電がてら近くの山まで走ることにした。

整備に手間取ったため、出発したのがすでに夕方。
天文台がある山頂付近はとても寒かった。

(この写真だけ、TAMRON SP 90/2.5 マクロ)

「せっかくここまできたのだから」ということで、福成寺という寺で、撮影を敢行。
e0028952_1415416.jpg

夕暮れ時の人気のない境内で、ぽつりぽつりとシャッターを切る。

屋根の付いた太鼓橋
e0028952_1205136.jpg


その橋の屋根の内側も、細やかな細工が施してあった。
e0028952_1212233.jpg


小さな鳥居には、多くの人の願いの数だけ小石が載っていた。
e0028952_1214244.jpg


巨大な夫婦杉が、家庭円満を見守っている。
e0028952_122550.jpg


人の一生を表すかのように、3世代の木が並んでいた。
e0028952_1221559.jpg


曲がりくねった道。
e0028952_1325632.jpg


と、人生について考えてるうちに、
日が暮れて、冷え込んできたので、、
向こうの山のふもとの我が家へと急いだ。
[PR]

by depail | 2008-04-02 01:34 | PENTAX FA35/2
2008年 03月 03日
ひょっこり
我が家のハムスター「ショコラ」さんは、
いつも、ワラを集めて穴を掘って眠る。

そぉ~っと、フタを開けて、カメラを忍び込ませたら、
ひょっこり顔を出した。

e0028952_0511696.jpg
起こしてごめんね。


暗くてAFが利かないだろうからMF、
ストロボは生き物の目に悪いからOFF、
ISO200で撮ってしまったので、シャッター速度1/5sec。
手ブレ補正なんかついてない*istDSで、ここまでブレずに撮れたのは、
水槽のフチと、被写体のショコラさんのおかげ。
[PR]

by depail | 2008-03-03 00:01 | PENTAX FA35/2
2008年 02月 24日
雪の酒都
(クリックすると写真が別窓で、倍の大きさで開きます)

隣町の西条に行ったついでに、誰も居ない、夜の酒蔵通りを散策した。
e0028952_1321846.jpg

e0028952_137841.jpg


雪が激しく降る中、静かに眠る酒蔵にカメラを向ける。
e0028952_1323333.jpg

e0028952_1342016.jpg
e0028952_1445370.jpg


凍てつく寒さの中、美味しい酒になる濃厚な水が流れつづける。
e0028952_1353157.jpg


酒蔵の象徴、なまこ壁を守る竹垣。
e0028952_1375781.jpg


窓の向こうに温かそうな灯りと、酒徳利と思しき影。
e0028952_1394824.jpg


1時間ほどの撮影で、芯まで冷えた身体を温めたくなった。
e0028952_1431515.jpg


さあ、そろそろ帰ろうか・・・。
e0028952_1454918.jpg


More
[PR]

by depail | 2008-02-24 01:49 | PENTAX FA35/2
2008年 02月 21日
ジャンプ!
近所の公園で、走り幅跳びをやってるうちの子ども。
やはり子どもは元気がいちばん!
e0028952_2317362.jpg


この写真を撮った後、子どもたちに跳び方を教えてたら、腰を痛めてしまいました。とほほ。
[PR]

by depail | 2008-02-21 22:13 | PENTAX FA35/2